乳幼児期は耳の敏感期!

皆さん、赤ちゃんはいつ頃から耳が聞こえているかご存知ですか?
実は、ママのお腹の中にいる妊娠20週〜25週頃から聞こえ始め、3歳頃までに急激に発達し、4〜6歳頃までにはピークを終え、大人と同じような聴力機能に落ち着くと言われています。
この耳の敏感期を活かして、子供は言葉を覚え、言葉を理解し、やがて話せるようにとなっていくのです。
この時期に、英語の聞き流しをすると、発音の違いが聞き取れるとか、言語を覚えやすい等、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
実は、音楽も同じなのです。人間誰しもが、音楽的素質を持って、生まれてきています。しかし、言葉のない世界で言葉が話せるようにならないのと同じく、音楽のない世界での生活では、音楽的素質が発達することのないまま、耳の敏感期を終えてしまうのです。
英語のシャワーを!と言われるように、音楽のシャワーも、耳の発達期に合わせて、浴びせれば浴びせた分だけ、音楽的成長の可能性は広がります。
大切なお子さまの一生で、たった5〜6年しか存在しない貴重な耳の敏感期。音楽と英語の世界で満たしてあげませんか?
※Music Together®︎には、英語以外の言語による歌もあります。

powered by crayon(クレヨン)